玄関ドアとリビング入り口を一直線にしてしまい、開けると見えてしまう

注文住宅で新築戸建てを建築しました。

失敗やこうすれば良かったと思うことは1つや2つではないが、とにかく自分が実際に住み、生活をしてどう見えて、どうやって動くか、というシミュレーションが細かく出来なかったことが原因です。

図面やパースだけで舞い上がることなく、頭の中で想像していくことが大切だと思います。

また、営業マンとの相性が悪く、言った言わない、記録した、記録してない、など行き違いが多々ありました。

徹底的に要望を伝えることができたら良かったと思います。

注文住宅はまず、こちらの想いを伝え、メーカーからフィードバックがあり、そこからこと細かく注文していき、自分の思う住宅を作っていく、という流れだと思います。

最終の設計図が上がるまでは打ち合わせの回数も時間もどんどん増えていきます。

そのなかで、自分自身も妥協しないことが必要です。

ましてや営業マンがこちらの注文を面倒だと感じる対応や、どこか省略させようなどと考えていることをこちらが気づいてしまうようであれば問題です。

お客様は神様ではありませんが、一生に一度のマイホーム建築であることがほとんどだと思いますので、成功させるには営業マンにはとことん仕事をさせることです。

そのために施主と営業マンの相性というのはなにより大切にしなければならないと思いました。

もっと詳しく⇒https://古河市注文住宅.net/