飼い猫(エキゾチックロングヘアー)が膀胱炎になった

猫は膀胱炎になりやすいのは知っていたが、トイレの数も十分に準備していたし、それなりに清潔に保っていたので、実際に自分の飼い猫が膀胱炎になったときは非常に驚きました。

何かのストレスだったのか、突如かかってしまった膀胱炎。

ある日飼い猫がトイレに何度も行くようになりました。

しかし何度かがむも排尿している様子は無し。

そして何回かに一回、大きな声?叫び声をあげて排尿。

驚いて確認してみると、おしっこが赤い!!焦って病院にすぐに連れて行くも、現物(おしっこ)がないと確認できず。

砂で固まっていない状態のおしっこを採取すべく、ペットシートを裏返してトイレにセット。

そして、病院でいただいた注射器で吸い取り再度病院へ。

検査の結果やはり膀胱炎。

精密検査もしてもらい、尿結石では無かったので一安心。

この時は、菌を殺す抗生物質でなんとか治りました。

その後再発防止のため、お水をいっぱい飲んでもらうために、水飲み場を増やしたり、よりトイレを清潔に保つために気をつけました。

しかし、約1年後また再発。

今回は前回よりも叫び声が激しい。

そして、血尿というよりかは全然おしっこが出ていない!!

ちょっとだけ出ていてもそれもうっすら赤い。

今回はおしっこが全然出ていないので、尿結石を疑いながら病院へ。

しかし、レントゲンを撮るも異常無し。

でも実際おしっこが出ていないので、尿道からカテーテルを通して検査。

するとわずが微量の砂が見つかりました。

尿結石まで行かない細か?い砂の状態だったのでレントゲンに写らなかったそうです。

その後は抗生物質、ロイヤルカナンの病院でしか購入できない療養食に切り替え。

なぜ膀胱炎になるのか、砂が溜まってしまうのか原因が不明なので、特定するためにも、療養食以外はあげないことで様子を見ています。

おすすめ⇒犬 フィラリア薬 通販

加齢臭・体臭を抑えるため+deO[プラス-デオ]という石鹸がおすすめ!

この+deO[プラス-デオ]で洗うことによって改善したことは、男性の加齢とともに増加していく加齢臭が減ったように思います。

おすすめな点は、大きく7つあります。

1つ目は、製造元がサントリーであることから知名度が高く安心できるメーカーであることとです。

2つ目は、付け焼刃な対処法ではなく、原因物質から洗い流すことを目的としていることです。

3つ目は、40を過ぎたことから増加するニオイ原因物質「ノネナール」に着目していることです。

4つ目は、4種類のポリフェノール含有エキス(ウーロン茶・甜茶・柿渋・緑茶)で「ノネナール」で加齢臭だけでなく汗や足の臭いもまとめて吸着洗浄してくれます。

5つ目は、男性は気づきにくいが女性は不快に感じる体臭の原因物質「アンドロステノン」の吸着洗浄のために「クララエキス」を配合していることです。

6つ目は、臭い成分を炭と泥で除去し、皮膚常在菌を殺菌します。

そしてニオイ物質を吸着洗浄してくれるため嫌な臭いが減っていきます。

7つ目は、泡立ちが濃厚で肌に滑らかに広がり泡切れがよく香りもいいです。

累積販売は180万個を突破し、94.5%のお客様から「洗い心地に満足」という答えをもらっている点も客観的にみても安心できる商品です。

一つ難点としては、通常の石鹸に比べ高価であることぐらいです。

お世話になってるサイト⇒ニャオワン 楽天

お風呂場の位置が玄関入ってすぐの北側なので寒くて後悔しています。

リビングは南側で日が入り年中暖かいのですが、お風呂場は北側の位置でとても寒いのが失敗したと感じています。

脱衣所に冬場は暖房器具を置かなければならないため、光熱費もかかります。

小さい子供がいるので暖房器具はなるべく置きたくないのですが、寒さが耐えれず置かざるおえません。

子供達も大人もそうですが、寒くてお風呂から出るまでの時間がどうしても長くなります。

マンションですのでお風呂には窓もありませんし日も入りません。

南側ではなくても北側を避けるなど方位を考えて購入すればよかったと思います。

お風呂場には乾燥や換気、暖房の機能は付いていますが、洗濯物の部屋干しには良いですが、冬場の温めにはあんまり意味がありません。

脱衣所に洗濯機を置いてリビングまでやベランダに出るまでの動線には今のところ不自由はありませんが、方位は重要だと思います。

夏場はその分、暑すぎず、寒すぎずで不自由はありませんが、以前住んでいたマンションと比べるとカビが生えやすいと感じます。

お風呂から出た後の結露も凄いですし、お風呂のカビは換気がうまくできない分とても頑固で困っています。

毎日利用するお風呂ですので、掃除のしやすさやカビの有無はとても重要になってなってきます。

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>狭山市 注文住宅

玄関の扉が選んだものと違うデザインが取り付けられていたこと。

結婚することが決まり、夫の両親が家を建ててくれることになりました。

夫の実家は築年数も長く、部屋数も少なかったのですが敷地はあったので、実家のすぐ隣に建てることになりました。

注文住宅だったのですが、お義父さんの知り合いの大工さんにお願いすることになっていたので、間取りなどは夫と二人で決めましたが直接大工さんと話すことはありませんでした。

二人で決めたものをお義父さんに見せて、お義父さんが大工さんに伝えていたので、多分失敗した原因は直接大工さんと私たちがやり取りしなかった所にあったと思います。

家が建つまではお互いの実家に住み、時々新居の建築を見に夫の実家に泊まることもありました。

その時にお義父さんと新築の話をすることもあり、どこにどの壁紙を使うかなども細かに伝えていました。

その時に玄関の扉もどれにするか選び、伝えていました。

しかし、完成したと夫から連絡がきたので見に行ったら全く違う扉がついていて驚きました。

1番最初に目に入る扉が、私も夫も選ぶはずがないデザインでその時はすごいショックでした。

夫になぜこのデザインになったのか、この扉は気に入らないとも伝えましたが、夫もなぜこの扉になったのかわからないといっていました。

出来てしまったものは今さら変えようもないし、我慢することにしましたがもやもやした気持ちはなかなか消えませんでした。

今ではだいぶ慣れましたが、やはり他の新築を見ると自宅の扉が少しいやになります。

家を建てていただいたことには本当に感謝してます。

でも実際に暮らす私たちが、大工さんとしっかりやりとりをしていればこのようなことはおきなかったのではないかと今でも思います。

続きはこちら⇒川越市の注文住宅

リビングの位置を失敗しました!近所の養豚場の匂いがリビングに直撃!

私は一戸建ての住宅を注文住宅で建てました。

土地の手配も含めて不動産会社、住宅メーカーにお願いしたのです。

家の間取りは本当にこだわって、住宅メーカーの担当者となんどもなんども打ち合わせを繰り返して決めたのです。

ですから私としては建物自体にはとても満足しています。

家全体の動線も全く問題ありませんし、生活をしていて本当に使いやすい、そして住みやすい家を作るとこが出来ました。

けれども住んでみて、本当に失敗したと思うことがあるのです。

私の家は立地上、東から風が吹いてくることが多いのですが、ちょうどその東の先に養豚場があり、そこからの匂いが風が強い日にはリビングに直撃するようになりました。

普段はリビングの窓は開けっ放しにする事はないのですが、天気の良い日などはやはり換気のためにも窓は解放したくもなります。

けれども窓を開けているとそこに養豚場の匂いが直接吹き込んできてしまうのです。

自宅近くに養豚場があるのなら、そもそも土地を探す段階でこのことには気がついたと思います。

けれども養豚場は私の家からはそれなりに離れたところにあるため、まさか家が建って、風向きによって匂いが吹き込んでくるとは思ってもいませんでした。

やはり家を建てる時はその用地の選定においてももっと慎重にならないとダメですよね。

近隣に何があるか、もっと広範囲で確認をすべきだったと心から後悔しています。

PR:鹿児島市 新築一戸建て

玄関ドアとリビング入り口を一直線にしてしまい、開けると見えてしまう

注文住宅で新築戸建てを建築しました。

失敗やこうすれば良かったと思うことは1つや2つではないが、とにかく自分が実際に住み、生活をしてどう見えて、どうやって動くか、というシミュレーションが細かく出来なかったことが原因です。

図面やパースだけで舞い上がることなく、頭の中で想像していくことが大切だと思います。

また、営業マンとの相性が悪く、言った言わない、記録した、記録してない、など行き違いが多々ありました。

徹底的に要望を伝えることができたら良かったと思います。

注文住宅はまず、こちらの想いを伝え、メーカーからフィードバックがあり、そこからこと細かく注文していき、自分の思う住宅を作っていく、という流れだと思います。

最終の設計図が上がるまでは打ち合わせの回数も時間もどんどん増えていきます。

そのなかで、自分自身も妥協しないことが必要です。

ましてや営業マンがこちらの注文を面倒だと感じる対応や、どこか省略させようなどと考えていることをこちらが気づいてしまうようであれば問題です。

お客様は神様ではありませんが、一生に一度のマイホーム建築であることがほとんどだと思いますので、成功させるには営業マンにはとことん仕事をさせることです。

そのために施主と営業マンの相性というのはなにより大切にしなければならないと思いました。

もっと詳しく⇒https://古河市注文住宅.net/

ブログに挑戦!30歳専業主婦のさやかです

はじめまして、さやかです(*^^*)
ブログを始めてみました!初めてのブログです。

最初の記事なので、まずは自己紹介させてください。
わたしは、30歳の専業主婦です。

昨年長女を出産し、育児に必死の毎日を送っています。
夫は家事にも育児にも協力的な優しい人で、3人で楽しく暮らしています(*´ω`*)

子育ては分からないことだらけで、不安も多いですが、それ以上に可愛い娘に癒される毎日です!
このブログでは、育児の話題をメインに、料理やファッションについても書いていきたいと思っています(。・`Д・´)

読んでくださる皆さんと情報共有できたらいいなぁと思っています。
読んでいただけると嬉しいです!

よろしくお願いします(*^▽^*)